猫足俳句

nekoashi22.exblog.jp

猫足俳句

<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

月とねこ

7月31日はブルームーン。
ひと月に2度、満月が巡ってくる。その月の名前をブルームーン。
それは3年ぶりのこと。そして、次のブルームーンはまた3年後。



e0346293_20130370.jpg


ひたすら月を見上げる。




月の名前

高橋順子/デコ

undefined


「猫しか知らない猫道を 月はさきまわりして照らしてる」(猫と月より)。



占星術によると、私の月の星座は乙女座なんだそうで。
潔癖性、神経質、少女趣味、夢見る夢子・・・




e0346293_20240035.jpg


梅雨明け3日は体も暑さに慣れてないから、ねこも人もしんどい。
鏡に映った遠い目は、もう、秋のことを思い描いているみたい。






[PR]
by pas_de_chat_haiku | 2015-07-31 23:11 | 今月の猫
少し時間がたってしまいましたが、この日、薬師池公園に蓮を観に行きました。



e0346293_19563771.jpg


梅雨明け前だったけど、既に夏の暑さが想像できるような空の色でしたね。
(後日、想像以上の暑さに見舞われることになるのですが)。。




e0346293_19593591.jpg


突然、一本の蓮の花が現れました。



e0346293_20004871.jpg


咲いているものもありました。
本当に咲きそろうのは八月の初旬くらいになるのかな。




e0346293_20015313.jpg


蓮は花茎が水面上に立ち上がることで、睡蓮(スイレン)と区別ができるのだそう。
(俳句の花図鑑より)。


蓮も睡蓮も夏の季語。
どちらかというと、晩夏の季語です。ちょうど今の季節になりますね。


次の吟行では一句詠んでみたいと思っています。







[PR]
by pas_de_chat_haiku | 2015-07-30 19:55 | 吟行

俳聖かるた

七夕に降る雨を催涙雨(さいるいう)と呼ぶそうです。
会えないさみしさに流す涙ということでしょうか。

俳句手帖によると、7月の季語は楽しいものが多いのです。
ボート、ヨット、サーフィン、キャンプ、バンガロー、ケルン!
そしてパリ祭も。7月14日のフランス革命記念日には、ツールドフランスでも
フランス人選手がレースを引っ張り、そしてそのまま1位でゴール〜 というわけには
いかなかったけど、意識している姿は充分伝わってきましたよ。


今月から少し俳句の勉強をはじめました。


村田恵理さんのイラストもいい雰囲気。(どこかに猫が出てきます)。



俳聖かるたでもひとり遊び。


e0346293_16460327.jpg


10年くらい前に、信州の一茶記念館で購入しました。
友達のおみやげにも買って、とても喜んでもらえました。
書道や俳画の参考にもなりそうです。俳句の世界が広がりますね。






[PR]
by pas_de_chat_haiku | 2015-07-16 16:52 | 俳句本など

猫足俳句


by pas_de_chat_haiku