猫足俳句

nekoashi22.exblog.jp

猫足俳句

<   2015年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

朝顔と猫

朝顔は秋の季語、なのですが、
我が家のベランダの朝顔が咲き始めました。気が早いですよ!



e0346293_22021294.jpg

6月26日金曜日。初朝顔。
思ったよりも濃い赤紫色。名前は「暁の紅」。





e0346293_22041268.jpg

さっそく偵察中。

大きめのつぼみがついているから、しばらくはパトロールが続きそうね。






[PR]
by pas_de_chat_haiku | 2015-06-29 22:05 | 今月の猫

梅雨晴間(つゆはれま)

梅雨の晴れ間は蒸し暑いですね。
最近、ベランダの植物たちがぐんぐん育っておりまして、
そういえば私の髪の毛も、もさもさと伸びるのが早くなった気がしています。


俳句を始めたころに作った句は、もうほとんど残っていないのですが、


往来の猫が腹見せ利休の忌     小栗鼠


こちらは春の句です。だんだん暖かくなってくる頃。
路地の猫たちも日向ぼっこをするようになって、ごろーんと大胆なポーズ。
利休さんの時代と違って、まあ、平和でいいなあ と 感じた記憶があります。




e0346293_13290916.jpg

*イメージ画像



今月の句は、先週、紫陽花を観に行った薬師池公園で詠んでみました。


先人と眺めてしばし額の花     小栗鼠


薬師池公園は鎌倉街道沿いにありまして、きっとこの紫陽花を古(いにしえ)の人たちも
眺めたのかもしれない。そんな思いと、2年前の夏に亡くなった父のことを考えて
詠んでみました。




昨日は紀の川市のたま駅長の訃報を聞いて、涙がこぼれました。
残されたものは「忘れないように」生きていこうと思っています。






[PR]
by pas_de_chat_haiku | 2015-06-25 13:45 | 俳句

夏の月

モヒート倶楽部、この夏の活動を始めました。



e0346293_17200340.jpg

その名もずばり「モヒートミント」。ペンギンさんのイラストが涼しげですが、
実はスペアミントです。近所のホームセンターで買ってきました。
ミント類は生命力が強くて土の中で根がどんどん広がるので、
寄せ植えよりも単体で育てた方がいい と 聞きました。

自分で育てたミントで作るモヒートは、また格別なのではないかと想像。
そこで一句ひねるのも趣きがありますね!

にゃおにゃんさんの月とモヒートの句。情景がふんわりと浮かんできましたよ。




わたしが俳句をはじめたのは今から12年前。ちょうど干支が一周しました。
NHKの通信講座を1年。そしてカルチャーセンターで3ヶ月。
カルチャーの方は句会形式だったので緊張しました。

それから月日が流れ、再び俳句が気になり出した先月。
たまたま見たテレビが

「猫いてもいい いなくても 沖縄・竹富島 俳句の旅」 だったのです。

ご縁というか、本当に大切なことはちゃんとリンクしているんだなあ。


私の憧れる俳句の世界は
中国の陶淵明(とうえんめい)のこの詩。


聞多素心人 楽与数晨夕


佐渡多真子さんの訳です。

「ここに住みたいと思ったのは、ここには心の素朴な人がたくさんいると聞いたから。
そんな人たちと、ずっと一緒にいたいから」。

*晨夕(しんせき)は朝と夕のこと。



昨日は夏至でした。夏至は「短夜」(みじかよ)。
今宵はおそらく「夏の雨」(なつのあめ)。「夏の月」(なつのつき)は見れそうにないなあ。
(6月に使われる季語です。俳句手帖より)






[PR]
by pas_de_chat_haiku | 2015-06-23 18:52 | 季語

7月の自転車

季節は少し先取りがいいともいいますね。
この先楽しみが待っていると思うと、自然と足取りが軽くなるような。
私の場合は来月の “ツールドフランス” です。
世界最高峰といわれる自転車のロードレース。

毎年7月に開催されるので、もう、新しい季語と言ってもいいでしょう!?
あの美しい風景と、颯爽と駆け抜けていく自転車に目を奪われる日々の始まり。
そんなわけで7月は、自転車と季語を結びつけて一句詠んでみようかと思っています。


ペダル漕ぐ膨らむシャツに風光る    小栗鼠


季語は「風光る」。これは春の句です。
坂道を自転車で駆け上がっていく。春の風のきらきら感が印象に残りました。

*夏の季語は「風薫る」になります。


もうひとつ、なこさんに教えていただいた “モヒート” の句も作ってみたいです。
まずは週末、スペアミントを育てるところからはじめてみよう。
そう、モヒートも夏の季語に認定したいなあ。ミントとラム、氷とライム、そしてソーダと
ヘミングウェイ。。






[PR]
by pas_de_chat_haiku | 2015-06-19 22:47 | 俳句

交通総合文化展 2015

日本交通文化協会主催で俳句を募集しています。

テーマは「日本の鉄道、日本の良さを表現したもの」。

締め切りは7月31日。

会長賞は賞金5万円!(きらっ)。


詳しくはコチラです。 http://jptca.org/file/pdf/ksbt-2015.pdf


haïkiste(アイキスト、フランス語で俳人)の皆さまも、ぜひ、応募してみては
いかがでしょう?




猫足俳句の会のモットーは 『敷居は低く、間口は広く』。

これは私の三味線の先生の言葉です。
猫足俳句の会も、風通しのよい、誰でも自由に出入りすることのできる、
神社のような空間になったらいいなあ、と 思っております。


にゃおにゃんさま、pinochikoさま、ちこぼんさま、なこさま、
これからもゆるゆるのんびりと、そして時には神出鬼没(猫のごとく!?)で
よろしくお願いいたします。






[PR]
by pas_de_chat_haiku | 2015-06-18 12:54 | お知らせ

e0346293_20485076.jpg


雨に打たれた紫陽花はまた格別で。

「紫陽花のパリーに咲けばパリの色」 星野椿

フランス語の l'hortensia 花言葉は「冷淡」。
咲き始めは白色。土壌の酸度によって赤紫、青紫に変化していく。別名「七変化」。




e0346293_20510509.jpg


額の花。




e0346293_20545616.jpg


翡翠(カワセミ)。
「空飛ぶ宝石」とも呼ばれます。




e0346293_20553441.jpg


玉虫。
飛鳥時代から命を繋いでいる。


撮影地 町田市薬師池公園。午前10時頃。曇り。






[PR]
by pas_de_chat_haiku | 2015-06-15 21:00 | 吟行

朝顔

梅雨入り前に、朝顔を買ってこようと思ってました。
ギリギリになってしまった日曜日。斑入りの苗を見つけて、
さっそくベランダの鉢に植え付けました。
「夏が楽しみになるねー」と 傍らの猫の頭をちょっとなでる。

新しい苗は頼りなく、まだ支柱に届かない。その
風に揺れるさまを句に詠もうかと思ったのですが、

朝顔の季語は「秋(初秋)」だったのですね!
てっきり夏かと思ってた。うむ。

そんなわけで立秋の頃の楽しみにしておきます。



私は昔からの、夏休みの宿題になるような、大輪の花が朝早くに咲いて、
お昼前にはしぼんでしまうニホンアサガオが好きです。濃い紫色とか赤紫色の。
ここは譲れないなあ。






[PR]
by pas_de_chat_haiku | 2015-06-11 08:10 | 季語

俳句手帖

「NHK俳句」は、日曜日の朝の印象ですよね。昔から。


テキストは、4月号と10月号は忘れずに買います。
半年分の「俳句手帖」が付いているのです。








[PR]
by pas_de_chat_haiku | 2015-06-09 08:39 | 俳句本など
こんな一式ではじめてみます。


e0346293_17511558.jpg


ハンディ版「入門歳時記」  発行日 二〇〇〇年七月十五日十九版 角川書店
ダイソーで見つけたパリっぽいノート。それに合わせたB6の下敷きは猫ボーダー柄。


初夏の季語はアイリス。あえて西洋アヤメ。
フランス語の花言葉は「うれしい知らせ、恋のメッセージ」なのだそう。




e0346293_17560899.jpg


愉しい言葉を、のんびり拾い集めていこうと思います。






[PR]
by pas_de_chat_haiku | 2015-06-06 20:48 | 今月の猫

猫足俳句


by pas_de_chat_haiku