猫足俳句

nekoashi22.exblog.jp

猫足俳句

カテゴリ:季語( 2 )

夏の月

モヒート倶楽部、この夏の活動を始めました。



e0346293_17200340.jpg

その名もずばり「モヒートミント」。ペンギンさんのイラストが涼しげですが、
実はスペアミントです。近所のホームセンターで買ってきました。
ミント類は生命力が強くて土の中で根がどんどん広がるので、
寄せ植えよりも単体で育てた方がいい と 聞きました。

自分で育てたミントで作るモヒートは、また格別なのではないかと想像。
そこで一句ひねるのも趣きがありますね!

にゃおにゃんさんの月とモヒートの句。情景がふんわりと浮かんできましたよ。




わたしが俳句をはじめたのは今から12年前。ちょうど干支が一周しました。
NHKの通信講座を1年。そしてカルチャーセンターで3ヶ月。
カルチャーの方は句会形式だったので緊張しました。

それから月日が流れ、再び俳句が気になり出した先月。
たまたま見たテレビが

「猫いてもいい いなくても 沖縄・竹富島 俳句の旅」 だったのです。

ご縁というか、本当に大切なことはちゃんとリンクしているんだなあ。


私の憧れる俳句の世界は
中国の陶淵明(とうえんめい)のこの詩。


聞多素心人 楽与数晨夕


佐渡多真子さんの訳です。

「ここに住みたいと思ったのは、ここには心の素朴な人がたくさんいると聞いたから。
そんな人たちと、ずっと一緒にいたいから」。

*晨夕(しんせき)は朝と夕のこと。



昨日は夏至でした。夏至は「短夜」(みじかよ)。
今宵はおそらく「夏の雨」(なつのあめ)。「夏の月」(なつのつき)は見れそうにないなあ。
(6月に使われる季語です。俳句手帖より)






[PR]
by pas_de_chat_haiku | 2015-06-23 18:52 | 季語

朝顔

梅雨入り前に、朝顔を買ってこようと思ってました。
ギリギリになってしまった日曜日。斑入りの苗を見つけて、
さっそくベランダの鉢に植え付けました。
「夏が楽しみになるねー」と 傍らの猫の頭をちょっとなでる。

新しい苗は頼りなく、まだ支柱に届かない。その
風に揺れるさまを句に詠もうかと思ったのですが、

朝顔の季語は「秋(初秋)」だったのですね!
てっきり夏かと思ってた。うむ。

そんなわけで立秋の頃の楽しみにしておきます。



私は昔からの、夏休みの宿題になるような、大輪の花が朝早くに咲いて、
お昼前にはしぼんでしまうニホンアサガオが好きです。濃い紫色とか赤紫色の。
ここは譲れないなあ。






[PR]
by pas_de_chat_haiku | 2015-06-11 08:10 | 季語

猫足俳句


by pas_de_chat_haiku